ロマン(2次元)主義

個人的に好きなアニメやゲームについての感想や考察を書くブログ

『花ハ踊レヤいろはにほ』パスパレカバー

今回は、ガルパにおいて「ゆく年くる年カバー楽曲追加キャンペーン」で追加されたパスパレによるカバー楽曲、『花ハ踊レヤいろはにほ』の感想を書いていこうと思います。

 

まず、この『花ハ踊レヤいろはにほ』は『ハナヤマタ』というアニメのOP曲でもあります。

ハナヤマタ』は、5人の女の子たちが「よさこい」という踊りを通じて成長していく、いわゆる部活物・青春物といったアニメです。お話は比較的王道な展開ですが、だからこそこのジャンルが好きな人には刺さると思います。また、色彩や演出もとても綺麗で、青春っぽいキラキラした感じが見受けられます。

キャラクターたちの心情が丁寧に描かれていて本当に感動できる作品なので、ガルパをきっかけに知った方にも、ぜひご覧いただきたいです。

 

次に、プレイした感想です。

f:id:Humanwissenschaften:20200114063938p:image

それほど難しいということはなく、僕でも初見でフルコン達成することができました。まさに難易度25といった印象です。

 

続いて、ここから『花は踊レヤいろはにほ』の歌詞とパスパレの繋がりについて、僕なりに思ったことを書いていきます。

パーッとパーッと晴れやかに

咲かせましょう 花のように

まず、このカバーは彩ちゃんがソロで頭サビを歌うところから始まります。

意味としては、「自分たち」を晴れやかに、花のように咲かせましょうということでしょう。アイドルとして輝き、最高のステージを披露することを目指すパスパレにピッタリだと思われます。

欲しいのは少しの踏み出すちからと

弱気な心を開ける魔法のキー

ここは上が千聖さん、下がイヴちゃんのパートとなっています。まだ、自分に少し自信がないことを表現していると考えられます。

個人的には、ここを千聖さんが歌っているという点が感慨深かったですね。バンドストーリー2章で自分の想いを口にできず、それができた彩ちゃんやイヴちゃんのことを凄いと感じた千聖さん。そんな千聖さんが「踏み出すちからが欲しい」と歌っているのが良かったです。

それでも「ひぃふぅみぃ!」勢いよく跳ねて

始まる夢は(本気の)夢は どんなカタチ?

こちらは上が日菜、下が麻弥のパートとなっています。

上の歌詞はなんとも日菜らしいですね(笑)。そんなウジウジしてる暇があるなら、「跳んじゃえ♪」という感じでしょうか。

そして麻弥のパートも、麻弥自身に結び付いてる気がします。4人に誘われ、勢い任せにパスパレに入ったものの、ではパスパレで始まる麻弥自身の夢はなんなのか? それは「どんなカタチ」なのか? 2章やその後のイベストでも悩んでいた麻弥にかなり重なるなと思いました。

踊レヤ踊レ 散ラサナイデ

ここはサビ前ですね。一部彩ちゃんのソロですが、ほぼ5人で歌っています。

最初で自分たちを花に例えていることから、その花を散らすことなく、とにかく踊り続けよう、つまり咲き続けよう。そうすれば答えは自ずと見つかるから。そんな意味が込められているように感じます。

もっともっと一緒に数えたい 新しい景色

そして、ここが個人的にパスパレの5人で1番歌って欲しかったフレーズです。

5人一緒にもっとたくさんの新しい景色を数えたい。アイドルとしての活動もプライベートでの付き合いも含め、これからもこの5人でもっと色々なことを感じ取っていきたいという、パスパレの絆を感じさせる素晴らしい歌詞だと思いました。

いろはにほパーッとパーッと晴れやかに(ハイ)

咲かせましょう 花のように(ハイハイ)

これからの君が見たい

そしてサビです。ここも5人によるパートですが、頭サビとほぼ同じで自分たちを花のように晴れやかに咲かせようと歌っています。

加えてここでは、それを通じてこれからますます輝くであろう君(たち)を見ていきたいという言葉も見られます。サビ前の「もっと一緒に数えたい 新しい景色」と似ていますね。

いろはにほパーッとパーッと晴れやかに(ハイ)

咲かせる想いはつねならむ(ハイハイ)

だって乙女道は風まかせだと...

つぶやいてみた

...乙女心さ!

ここの歌詞は、僕はまだ納得できる解釈をしきれていません(すみません、読解力が...)。

1行目は先のサビと同じですが、問題は次の「咲かせる想いはつねならむ」です。「いろはにほ」などもそうですが、この曲の歌詞には「いろは歌」の節がしばしば用いられています。そしてその「いろは歌」では、「つねならむ」が「不変だろうか、いや不変ではない」と反語として捉えられています。

しかし、僕としては「散らさないで」や「もっともっと一緒に」といったこれまでの歌詞から、ここでは反語ではなく「不変だろう」と素直に解釈した方が良いと考えました。

乙女道や乙女心というフレーズに含まれる「乙女」からは、夢見がちな女の子というイメージが連想ができます。夢見がちということは、やはり「不変なんてない」という非情な現実ではなく、永遠に君(たち)といたいという夢を語っていると考える方が納得できます。

そのためまとめると、「不変なんてないのかもしれないけれど、この想いは永遠であってほしい。」そんな意味が込められているのかなと僕は思いました。

また、ここでいう「咲かせる想い」というのは自分たちを花ように咲かせないという想い、または「もっと一緒に数えたい」や「これからの君が見たい」といった想いだと考えられます。

パスパレも、この5人でずっと一緒にライブなどをしていきたいと望んでいたので、まさにピッタリのカバーだと言えます。

ただ、そうなると「風まかせ」をどう考えればいいのか分からないんですよね(笑)。

あと余談ですが、乙女道というフレーズがイヴちゃんの武士道や彩ちゃんのアイドル道と繋がっている点も良かったです(笑)。

色は匂えど

散りたくないの

ここの歌詞も「いろは歌」の「いろはにほへと ちりぬるを」から来ています。「いろは歌」では「綺麗な色をした香りのいい花も、散ってしまう」という意味ですが、この曲では最後が「散りたくない」となっています。これはおそらく「いろは歌」に対する1つの反抗で、「花も散りたくない、永遠に咲き誇っていたい」という想いを伝えようとしているのではないかと僕は考えています。

そしてここの「散りたくないの」からも、やはり「いろは歌」の不変ではないに同調している歌詞には思えないんですよね。

でも、今の自分にはこの解釈が限界なので、今回はこのままで終えたいと思います。

最後にパスパレのカバーであることを考えると、「散りたくない」は「散」という字から「解散したくない」という意味も連想できます。

そのため、花のような私たちも散りたくない、つまり解散したくない、永遠でいたいというパスパレの想いとの繋がりも感じられますね。

 

パスパレカバーによる『花ハ踊レヤいろはにほ』の感想は以上です。

 

【ガルパ】イベント「新年寿ぐ夢語り」花飾りの多い最近の蘭ちゃん

今回も前回に続いて、ガルパで開催されたイベント「新年寿ぐ夢語り」の感想を書いていきます。

 

まずは、イベストの感想の続きです。

太鼓の演奏が終わり、元通りとなった神楽殿

「夢から覚めたみたいでちょっと寂しい」と呟く花音ちゃんマジ天使でした(笑)。

また、初夢が正夢となった蘭や有咲達ですが、あこだけはまだ夢であったことは特になかったよう...。

しかし、もう一回夢の内容を読むと、「歓喜を謳う声」や「轟く雷の合図で宴が開かれる」といった言葉から太鼓の演奏を連想する蘭達。

それを聞き、今年もいい年になると喜ぶあこ。この調子で近々くるフェスも頑張ってもらいたいですね。

そして、演奏を終えた巴達と合流する5人。

ここでも蘭の「悪くなかったんじゃない?」が聞けて良かったです(笑)。

 

イベントストーリーの感想は以上です。

 

次に、イベントPランキングの結果が↓です。

f:id:Humanwissenschaften:20200112121204p:image

目標の10000位内には入れませんでしたが、ギリギリ20000位内で終えられたので良かったです。

 

次に、今回主に使用したバンド編成が↓です。

f:id:Humanwissenschaften:20200112121342p:image

蘭と紗夜は☆4のピュアタイプを持っていたのでそちらを使用。あこ、有咲、花音は☆3のピュアタイプがいたので、それらで編成しました。

 

続いて、今回の新メンバーについてです。

僕は今回、蘭狙いでガチャを引いたのですが、残念ながらお迎えすることはできませんでした。

というか、最近の蘭の特訓後イラストはよく花飾りをしていますね。とても似合っていて綺麗でした。

 

だからこそ、尚のこと引き当てたかったです...。

 

最後に、今回追加された楽曲についてです。

まずは『創聖のアクエリオン』ですが、こちらはフルコンボ達成できました。

f:id:Humanwissenschaften:20200112145533p:image

ただ、サビ直前にあるスライドが個人的に少し難しかしかったです。

 

次に『GO!!!』ですが、こちらの方はあと少しというところなんですが、残念ながらフルコン取れてません。

f:id:Humanwissenschaften:20200112145734p:image

特に終盤、蘭の「Right here Right now」のあたりでコンボが切れることが多いので、そこを意識してフルコンボ達成できるよう頑張りたいです。

あと、この曲はAfterglow×こころという組み合わせが面白く、蘭のカッコいい歌声に、こころん可愛い声が混ざっている感じが気に入っています。

 

また今回追加された曲には、もう1曲『花ハ踊レヤいろはにほ』もありましたが、こちらについては別の記事で書くことにします。

理由としては、『花ハ踊レヤいろはにほ』も、こちらがOPとなっている『ハナヤマタ』も個人的にとても好きな作品で、また推しのパスパレがカバーしたということもあり、書きたいことがたくさんあるためです。

 

というわけで、今回のイベントの感想は以上とします。

【ガルパ】イベント「新年寿ぐ夢語り」蘭姉ちゃん可愛い(笑)

今回はガルパで開催されたイベント「新年寿ぐ夢語り」の感想を書いていこうと思います。

 

まずは、イベントストーリーの感想です。

今回のストーリーは、巴達による太鼓の演奏の準備を蘭やあこが手伝っているところから始まります。

巴に加え、香澄とこころと美咲という前に祭りで太鼓を叩いてたメンバーも演奏するそうで、過去のイベントとの繋がりも描かれていて良かったです。

すると、そこへやって来た紗夜、有咲、花音。香澄とこころを心配して来た有咲と花音が可愛かったです(笑)。

そして、有咲を見つけると瞬く間に抱き着く香澄。この2人はホント、すぐイチャつきやがりますね(笑)。

また、各バンドのメンバーが応援に来ると聞き、絶対失敗できないと気を引き締める巴。そんな巴に伝えた、こころの「あたし達、たくさん練習したもの! あとは笑顔で本番を迎えるだけ」というセリフが、こころらしくて素敵だと感じました。

あと、ミッシェルで演奏したらダメか花音に聞く美咲が面白かったです(笑)。生身(笑)でやるのはソワソワする美咲...。ミッシェルなしでは落ち着かなくなった美咲が可愛いですね。

 

準備も終わり、蘭達は屋台やお参りに行ってみることに...。

蘭に、お参りでなにを願ったのか尋ねるあこ。すると、紗夜さんは願い事は話さない方がいいと言いますが、逆に有咲や花音は言葉にしたり、唱えたりした方が叶うと口にします。

まあ、こういった言い伝えは色々ありますし、それぞれ起源とかも違うらしいので、あまり気にしなくていいでしょうね(笑)。

また、「初夢見た?」とみんなに尋ねるあこ。そこから話題は初夢の話に。

初夢の内容を忘れないよう、りんりんにメモを書いてもらったあこが面白かったです(笑)。あと、轟を「くるまくるまくるま」と読むあこ(笑)、そして「くるまくるまくるま」で轟くと分かる紗夜さんにも笑いました(笑)。

他の4人もそれぞれ初夢の内容を話しますが、「魔法の果実をもらったんだけど、それを振る舞ったら、みんな笑顔になれた」という花音の夢が、有咲の言う通りメルヘンでハロハピっぽく可愛かったです。

ただ風に吹かれてるだけという蘭の夢は、なんだかカッコいいですね。

あ、僕は初夢見たと思うんですけど、忘れました...(笑)

また、お腹減ってきたため焼きそばやたこ焼きが食べたいと言うあこに、「あたしがたこ焼き買うから半分こしよ」と口にする蘭。そんな蘭が、面倒見の良いお姉さんという感じがして素敵でした。

同じく蘭をお姉さんみたいと思う花音と、宇田川さんも甘えていると話す紗夜。そんな2人の言葉に、立て続けに「確かに」と同意する有咲が面白かったです。

「早く早く〜!」とあこに振り回される蘭も微笑ましかったです。

続いて、猿まわしを目にした5人。すると、サルと目があった花音のもとにサルが向かって来ますが、襲って来たわけではなくリンゴをプレゼントされただけでした。

まあ、花音ちゃん可愛いですからね。サルもプレゼントしたくなったのでしょう(笑)。

それを見て、花音の初夢の魔法の果実ってリンゴのことじゃないかと推測するあこ。

というか、あこって花音ちゃんのこと「かのん」って呼びすてにしてるんですね(笑)。少し驚きました。

その後、地域の人達から餅を頂くあこ達。あこは、あんこやきなこはデザートみたいなものだからと全種類頼んでいました(笑)。

でも、お餅はデザートという感覚は分かります(笑)。

また、花音は細いからといっぱい貰ったようでした(笑)。紗夜さんもたくさん頂いたようですが、こんなにたべきれないかため、あこの提案でそれを太鼓のみんなに差し入れることにします。

あこ、ナイスアイディアですね。

そして、香澄や巴達に餅をもって来る5人。みんな餅を食べて喜んでいる様子でしたが、すると今度はその光景を見て紗夜の初夢を思い出すあこや花音。

また、1つ初夢が現実になりましたね...(笑)。

続いて、香澄から太鼓の演奏をする神楽殿の飾り付けを手伝って欲しいとお願いされるあこ達。そのため、5人は神社の中で何か飾り付けるものを探しに行きます。

しかし、有咲だけは有咲にしかできないことがあるからと、香澄に連れて行かれます(笑)。

全く...。神社でもイチャつく、かすありホントけしからんですね(笑)。

一方、飾りを探すあこと蘭。あこは屋台の人に飾りを貸してもらおうと頼んだり、先程の芸者に神楽殿で猿まわしをお願いしたりします。そんなあこに再び振り回される蘭が可愛かったです(笑)。

飾り付けが終わると、みんなは豪華になったその神楽殿を眺めます。

蘭が『新春和太鼓演奏』と書いた看板を見てカッコいいと話すあこと巴。華道だけでなく書道までこなせる蘭、マジかっこいいです(笑)。

また、あこがいろんなところに掛け合ったことも伝え、「しっかりやんなよ」と巴に言う蘭。本当に、あこのもう1人のお姉さんという感じでがしましたね。

そして、いよいよ演奏が始まります。

いつもの、巴の「ソイヤッ!」が聞けたので満足です。

すると、ここで香澄に連れられた有咲のことを思い出した紗夜。完全に忘れていた蘭たちが面白かったです(笑)。

そしてその有咲はというと、なんと司会をやらされていました(笑)。フィナーレと共に会場に紙吹雪が舞い、その光景を見て有咲の初夢を思い出す蘭達。

さらに、紙吹雪を舞い上がらせる風が吹き、その風を夢であった風と同じだと感じた蘭。

有咲に続き蘭も、初夢が正夢になったようでしたね(笑)。

 

続きは、次の記事で...。

 

 

 

【ガルパ】イベント「ワクワク☆トッピングデイズ」

今回も前回に続いて、ガルパで開催されたイベント「ワクワク☆トッピングデイズ」の感想を書いていきます。

 

まずは、イベストの感想の続きです。

散歩中、ジョギングをしていることを話すとおたえに、「ジョギング続けるのって、結構きつくない?」と尋ねるひまり。ひまりも以前ジョギングを始めたそうですが、結局途中でやめてしまったようです。

蘭に「続いたの3日くらいだっけ」と言われ、「もうちょっとやりました〜っ」と反論するひまりが可愛かったです(笑)。

続いて、おたえのおすすめコースを紹介してもらうことになり、河原へとやって来た5人。

するとはぐみは、夏にハロハピのメンバーとここで花火をやったことを話します。

そういえば、花火大会イベントありましたね。メンバーの読んだ俳句がまだ印象に残ってます(笑)。もうすでに少し懐かしいですね...。

また、河原も走ると言うおたえは、石がないところを目掛けて飛んだり、右や左に行ったりすることが、いろんなリズムを見つけられて楽しいと語ります。

やっぱり少し独特な感性をしてますね(笑)。僕は、普通に足を挫いたりしそうで危ないと思いました(笑)。

そして、折り返し地点である『オッちゃんの木』にも皆んなを連れてくるおたえ。『オッちゃんの木』って(笑)。でも、おたえらしくて良いと思います(笑)。

また、ひまりに「1番のおすすめは自分でコースを作ること」と伝えるおたえ。理由は色んなところに自分だけの楽しいがあるからだそうで、それを聞いてひまりは「今度こそジョギングを続けられるかも」とやる気に...。

恒例のあの掛け声をやろうとしますが、「えいえい」でおたえが「ひまり、がんばって」と口にし、遮られてしまっていて面白かったです(笑)。そこは、「おー!」って言ってあげようよ...(笑)。

そうひまりに言われ、遅れて「おー!」と言うおたえ。さすがのマイペースです(笑)。なんだか少しモカと似てますね。

後日、ショッピングモールにコートに買いに行くひまり。「ピンクもいいけど、グレーも大人っぽくて捨てがたい」と迷うひまりですが、僕は断然ピンクの方が好きですね(笑)。

すると途中、ペットショップへ向かうおたえと遭遇。おしるこの歌はもうすぐ完成するそうです(笑)。ホントに作ってたのか。

また、ついジョギングのコースのことで話し込む2人。ひまりが「そろそろ行かなきゃ」と言うと、「一緒に行っていいかな?」と尋ねるおたえ。「ひまりと一緒に行った方が楽しいことが見つかりそう」とおたえに言われ、照れるひまりが可愛かったです。

最後に、シュークリームの食べ方について、膨らんでる方を下にして食べると、中のクリームがこぼれないと、おたえに教えるひまり。スイーツにとても詳しいひまりちゃんがホント可愛いです(笑)。また、おたえも目をキラキラさせていて面白可愛いかったですね(笑)。

そして、やっぱりひまりを「シュークリーム先生」と呼ぶおたえ。その言葉に、同じくやっぱり照れちゃうひまりですが、そんな2人の一連のやり取りが、最初見たときより好きになっていた自分がいましたね。

 

イベストの感想は以上です。

 

次に、イベントPランキングの結果が↓です。

f:id:Humanwissenschaften:20200102164004p:image

今回のPランキングは、6398位でした。目標の10000位以内には入ることができ良かったですが、できれば5000位にも入りたかったですね。

 

続いて、今回主に使用したバンド編成が↓です。

f:id:Humanwissenschaften:20200102164214p:image

ひまりは、この前のフェス限の☆4パワフルタイプを持っていたのでそちらを使用。おたえは、今回イベントガチャで新規メンバーを引くことができたので、そちらを使いました。はぐみも、☆4のパワフルタイプがいたので編成しています。蘭とイヴは、☆4にパワフルタイプがいなかったため☆3を使用しました。

キャラ・タイプボーナスが一致している☆4メンバーが3人いるというのは、おそらく初めてだったので嬉しかったです。

これからもイベントのバンド編成にドンドン欲しい4メンバーを増やしていけるようにしたいです。

 

また、新規メンバーについては、前述した通り[仲直りの印]花園たえを迎えることができました!

f:id:Humanwissenschaften:20200102165043p:image

もちろんおたえも可愛いのですが、後ろにいるひまりの目がハートになっているのもとっても可愛いかったです。

 

ただ残念ながら、ひまりは引くことができませんでした。
f:id:Humanwissenschaften:20200102165105p:image

この、エプロン姿でウィンクしているひまりがめちゃくちゃ可愛かったので引き当てたかったですね。また、こちらも後ろにいるおたえとはぐみ、特に指を口元に当てているおたえが本当に可愛かったので欲しかったです...。

 

今回のイベントの感想は以上です。

 

【ガルパ】イベント「ワクワク☆トッピングデイズ」たえひま...悪くない

今回は、ガルパで開催されたイベント「ワクワク☆トッピングデイズ」の感想を書いていこうと思います。

 

まずは、イベストストーリーの感想です。

ある休日、「私、嫌われちゃった」と落ち込むおたえと会ったひまり。そんなおたえに、「お互いの気持ちをちゃんと伝えて話し合えば、仲直りできるよ」と励ますひまりは、さらに「不安だったら、私も一緒にいてあげる」と伝えます。

ここが、以前のイベストで巴が言っていた、ひまりの良いところですね。困ってる友達がいたら放っておけず、何もできなくてもとにかく一緒にいる。

しかし、おたえが仲直りしたい相手はうさぎのオッちゃんでした(笑)。その状況に困惑するひまりが可笑しかったです(笑)。

まあ、なんとなく想像付きましたけどね(笑)。

そして、真剣な表情でオッちゃんと話し合う?おたえ(笑)。結果、無事仲直りはできたようです...。

まあ本人の言う通り、ひまりはホントにいるだけでしたが...(笑)。

しかし、ひまりの「言う通りにしたから」と言うおたえは、ひまりを「仲直りの先生」だと呼びます。

いや、煽ってんのか?(笑)。

後日、学校から帰ろうとするひまりと蘭。ひまりは、昨日おたえとオッちゃんの謎のやり取り(笑)を見ていて行けなかったショッピングモールやファミレスに寄ろうと蘭を誘います。

他のメンバーは用事があるらしく、特につぐは生徒会で緊急招集があったそうです。また、日菜会長の思い付きですかね(笑)。

すると2人のもとへ、おたえ、イヴ、はぐみの3人がやって来ます。どうやら、おたえが昨日のお礼をしに来たようです。

その後、ファミレスに来た5人。昨日の話をより詳しく聞き、「『ひまり先生』の話はしてなかったよね」と口にする蘭。まあ、確かにひまりは何もしてませんでしたからね(笑)。それで自分から先生は言いにくいでしょう。

それでも、おたえに恩人と言われるひまりですが、うさぎと仲直りさせて恩人というのを「昔話の登場人物みたい」と感じたようです。確かに、それでお礼を返しに来てくれるあたりも、それっぽいですね(笑)。

数分後、それぞれの注文した料理がやって来ると、おたえにチーズハンバーグとポテトの裏ワザを教えるひまり。その裏ワザとは、ハンバーグの上部分をくり抜き、中のチーズにポテトを付けて食べるというもの。

まあ、割と思いつきそうですけどね(笑)。ハンバーグもチーズもポテトも食べたいという人には良い食べ方だと思います。

すると、またしてもおたえはひまりを「ハンバーグ先生」と呼びます。とりあえず、先生って付ければいいと思うなよ(笑)。

また、デザートメニューを眺めファミレスにあまりおしるこが置いてないことに残念がるおたえ。すると、そんなおたえにひまりは「おしるこなら簡単に作れるよ」と伝え、それを聞いたおたえは明日『おしるこの会』を開くことを提案します。いや、『おしるこの会』ってなんだよ(笑)。

あと、期待するおたえたちを見て、「そんなにハードル上げて平気なわけ?」とひまりに聞く蘭が面白かったです(笑)。

翌日。コンビニで材料である大福と白玉と牛乳、そしてちょい足しに蒸しパンを買うひまりたち。スイーツのことは雑誌やネットで色々見てると言うひまりちゃん、ほんと女子っぽくて可愛いです。

さっそく料理を開始するひまり。まだ、この材料でおしるこができるのか心配する蘭が微笑ましい(笑)。

ただ、ひまりがやったこととは牛乳と大福と白玉を鍋に入れて電子レンジでチンしただけで、それなのにこんなに美味しいおしるこができるなんてと、おたえたちも絶賛していました。

そして、この感動を歌にしないともったいないと感じたおたえは、「おしるこの歌」を作ると宣言。

「おしるこの歌」...(笑)。いずれ、楽曲として追加されることを楽しみにしてます。

そして、本日もおたえワールドは絶好調のようで、蘭も「たえの発想って、すごいね...」と褒めて?いました(笑)。

また、ひまりは蒸しパンをトースターで焼き、その上にアイスを乗せるというちょい足し料理を披露。これは、普通に美味しそうですね。

おたえたちだけでなく、蘭もいつもの「悪くないね」(笑)を口にしていました。それを聞き、「蘭の『悪くない』いただきましたー♪」と喜ぶひまりが可愛かったです。

食後、食べ過ぎてお腹が苦しい様子の蘭。そんな蘭も可愛かったですね。

すると、おたえは散歩を提案し、みんなで行くことに...。

 

続きは、次の記事で...。

 

【きらファン】イベント「ハングリークリスマス」クリスマスココアが可愛すぎる!

今回も前回に続いて、きらファンで開催されたイベント「ハングリークリスマス」の感想を書いていきます。

 

まず、クリスマス限定キャラについてですが、もうココアちゃんが本当に可愛く最高でした!

特に、白ニーソによる絶対領域が素晴らしいと感じています。

無事、ガチャで3〜40連くらいでお迎えすることができ良かったです。

f:id:Humanwissenschaften:20191230144638p:image
f:id:Humanwissenschaften:20191230144648p:image

 

もちろん、進化も済ませました(笑)。

f:id:Humanwissenschaften:20191230144845p:image

進化後のイラストは片目を閉じ、少し穏やかな目をした表情になっており、背景の光や雪の結晶の組み合わせも良く、とても綺麗でした。いや、もう綺麗を通り越して神々しいとまで思えましたね(笑)。

 

また、今回のガチャではココアを狙って引きましたが、なんと虎徹ちゃんも来てくれました!

『アニマエール』のキャラの中では特に推しのキャラで、今回のシナリオでもキレッキレな毒舌を発揮してくれた虎徹を引くことができ良かったです。

f:id:Humanwissenschaften:20191230144627p:image

 

また、今回のイベントではエトワリウムも全て回収でき、クエストも250回達成することができたので、かなり満足できるイベントとなりました。

f:id:Humanwissenschaften:20191230145936p:image
f:id:Humanwissenschaften:20191230145945p:image

 

あと、超強敵クエストの方も10回クリアでき良かったです。
f:id:Humanwissenschaften:20191230145953p:image

 

超強敵クエストは↓のパーティーで挑みました。
f:id:Humanwissenschaften:20191230144618p:image

途中、ココア【クリスマス】を編成に加えましたが、戦い方は基本変わりませんでした。

初めにチノの全体攻撃で左右の2体を倒し、後ははなこに攻撃を受けてもらいつつ、カレンで攻撃。花名や由紀、あるいはココアで回復という形でした。

 

ただ、残念ながら極クエストの方はクリアできませんでした...。

そこは、今後の目標にしていきたいですね。

 

今回のイベントの感想は、以上です。

【きらファン】イベント「ハングリークリスマス」きらファンでも尊いココチノ

今回も前回に続いて、きらファンで開催されたイベント「ハングリークリスマス」の感想を書いていきます。

 

ココアの悲鳴を聞き、駆けつけたきららたち。

ですが、そこには大量の料理の山が...。「ここが夢の楽園」と喜ぶと双葉と「胸焼けしそうな楽園だね」と冷静に言葉を返す桃が面白かったです(笑)。

そんなことより、早く料理に埋もれてるココアを助けろ(笑)。

「ココアちゃんもおっちょこちょいだなー」と茶化す双葉ですが、どうやらココアによると「空にしたはずなお鍋から料理が溢れてきて...」とのこと。

まあ確かに、ココアさんはおっちょこちょいですけどね(笑)。

すると、そこへやって来たランプとアルシーヴ。アルシーヴに「料理に何か変わったものは入れなかったか?」と聞かれたココアはランプから貰った調味料を入れたと答えます。

...やっぱりでしたね(笑)。

アルシーヴによるとランプの調味料は、実は「料理が増殖する魔法薬」でした(笑)。さすがランプ。シナリオにアクセントという調味料は入れてくれましたね。

 

...。いや、なんでもないです...。

 

そして、料理を食べ尽くさないと増殖は止まらないと話すアルシーヴ。

それを聞き、躊躇いなく土下座するランプが面白かったです(笑)。

しかし、それ以外にも神殿近くの森には増殖を抑える効果がある木の実が見つかるとのこと。都合の良い話ですね(笑)。しかし、もしかすると今後のシナリオでこの木の実の謎も明かされるかもしれません。

きらら、ココア、桃の3人は、料理を双葉たちに任せて、カルダモンと共に木の実を探しに行きます。

てか双葉、『食い』止めるって(笑)。だれうま(笑)。

そして、神殿では双葉たちだけでなく、アルシーヴやランプ、それにソラ様も増え続ける料理を食べ続けます。

ランプやソラ様がお腹の限界に達してる中、休息中にチョコを頬張る虎徹や、自分が食べる分が減ることを危惧する双葉がホント面白かったです(笑)。

一方で、木の実を探すきららたち。

しかし、きららたちと同じくクロモンも木の実を供物として集めていました。というか、僕もソラ様にわしゃわしゃしてもらいたいですね。

そして、木の実を探していた両者は遭遇。木の実を取られると思ったクロモンたちは洞窟へ逃げ込みますが、そこで魔物を起こしてしまいました。

それを退治したココアたちにクロモンはお礼として木の実をあげ、代わりにわしゃわしゃしてもらうおうとします(笑)。もふもふに触れて嬉しそうなココアと桃が可愛らしかったです(笑)。まさに、win-winですね。

てか、ココアや桃にわしゃわしゃされるクロモンたち羨ましすぎです(笑)。

神殿に戻ったきららたちですが、どうやら七賢者たちは限界のようで、双葉だけが『食い』止め続けていました。さすが双葉です(笑)。

まだ食べられそうと言う双葉に、桃が「質量保存の法則とは...」とツッコミを入れていて笑いました(笑)。確かに(笑)。

さっそく木の実を入れて増殖を止めようとしますが、突如料理が集まって魔物に変貌。その原因は薬でも木の実でもなく、ソラ様の活きのいいクッキーでした(笑)。

やっぱり...ソラ様...(笑)。

「なにを材料にすればあんな禍々しいクッキー? ができるですか」というアルシーヴの問いが辛辣で笑いましたね(笑)。

そして、その魔物すらも食べようとする双葉と、食べ合わせを気にする虎徹が最高に面白かったです(笑)。ほんと、桃の言う通り腹壊しますよ(笑)。

あと、「そんな呑気なこと言ってないで!」と皆んなに冷静な言葉をかけるきらら。今回はきららが終始ツッコミ役でしたね(笑)。

ですが、ここで桃の新必殺技『フレッシュピーチホエイプロテイン』が炸裂。魔法少女なのにダンベルを使い、「筋肉は裏切らない」と決め台詞を吐く桃。いや、ほんと『魔法』少女とは...(笑)。てか、プロテインて...。

あと、実は新必殺技も裏で練習してたり、新必殺技が思ったの違ったりで、がっかりするランプが面白可愛かったです(笑)。

 

続いて、後日談の感想です。

シャミ子と桃のもとに訪れた虎徹は、桃に修行を付けてと頼みます。どうやら、パーティーまでに痩せたい虎徹は、ヒロさんから「桃さんに鍛えてもらえば痩せられる」と助言をもらったそう。

少し前のイベントと繋がりましたね。というか、桃の修行がいつの間にかダイエットで知られていて面白かったです(笑)。

また、自分を「とんだ豚野郎」と卑下する虎徹に、「ほわっとした見た目なのに使うワードが強め」と感じるシャミ子。そうなんですよね、そのギャップが虎徹の面白いところです(笑)。

そして、実は豚の体脂肪率は15%前後しかないことから、「体脂肪率15%の豚さんを目指そう」と虎徹に言う桃。結局、豚は豚なんですね(笑)。

虎徹を桃の修行の道連れにしようとするシャミ子も可笑しかったです(笑)。また、一緒におへそとか肩とか出しましょうと誘うシャミ子ですが、「そういう恥ずかしい格好をしたいわけじゃない」と虎徹に断られてしまいます。相変わらずの毒舌ですね(笑)。シャミ子にも虎徹のキャラをわかってもらえそうです。

また、宮子とゆのはきららの部屋にお邪魔していました。ゆのもクリスマスの衣装だったのが良かったです。

あと、クリスマス前に「来年もよろしく」と年末の挨拶をしてしまう宮子(笑)。まあでも、クリスマスから年末ってかなりあっという間なので気持ちは分かります(笑)。

パーティー当日。厨房ではココアたちが慌ただしく料理の準備に取り掛かっています。双葉も味見してる時間は「あんまり」ないようです。...いや、してるんかい(笑)。

そんな双葉の様子を見に来た、葉子と照。照に「つまみ食いしないでちゃんとやってる?」と聞かれた双葉が「味見で一皿食べるのがやっと」と答えていて笑いました(笑)。味見ってなんだっけ?

そして、葉子様はいつも通りパンの耳を持って来たよう(笑)。葉子様...エトワリアでも...(笑)。これは早めに山路を参戦させて、助けるしかありませんね。

またココアの様子を見に来た、リゼ、千夜、シャロの3人。「変なもの入れないか監視しに来た」と言うシャロに、「本当はココアちゃんが大変そうだからお手伝いにきたのよね」と茶化す千夜。ツンデレのシャロも、千夜シャロの掛け合いも、ほんと最高でした(笑)。

あと、「今度は獲れたてピチピチのケーキを作ってみた」と言うソラ様に、「今すぐそれを処分して封印してください」と指示するセサミ(笑)。

最後までポンコツなソラ様でしたね(笑)。でも、そんなところが可愛いです。

パーティーも始まり、料理の仕事を終えたココアのもとにチノが様子を見に来ます。

朝から神殿にいたため、やっとチノに会えたと喜ぶココアは、さっそくチノをもふもふしようとしますが、チノは「早く離れてください」といつもの素っ気無い態度...。いつものココチノのやり取りが微笑ましいです。

しかしチノは、ココアの作ったケーキを双葉と宮子に食べきられることを心配して、ココアに「早くお料理を食べにいきましょう」と口にします。実は、ココアの料理をちゃんと楽しみにしてるチノが良かったですね。それに気付いて、嬉しそうな表情を浮かべるココアも可愛かったです。

 

シナリオクエストの感想は以上です。締めがココチノだったのは、個人的には最高でした。