保登ショコラの気ままにアニゲー感想

個人的に好きなアニメやゲームについての感想や考察を書くブログ。1番の推しキャラはごちうさのココアです!

【ガルパ】イベント「Backstage Pass 3」すれ違いからの話し合いこそガルパ!

今回は、ガルパで開催されたイベント「Backstage Pass 3」の感想を書いていこうと思います。

 

まず、イベントPランキングの結果が↓です。

f:id:Humanwissenschaften:20200419092907p:image

今回のPランキングの結果は11695位でした。

個人的には、10000位以内に入りたかったので少し残念ですね。

 

次に、今回主に使用したバンド編成が↓です。
f:id:Humanwissenschaften:20200419092856p:image

ひまり、リサ、千聖さんの3人は☆4のパワフルタイプを持っていたのでそちらを使い、りみとはぐみは☆3のパワフルタイプで編成しました。

キャラ・タイプボーナスが両方一致する☆4メンバーを3人も編成できたので、なおさらもっと上の順位に入りたかったのですね。

あ、千聖さんのレベルはしっかり上げましたよ(笑)

 

続いて、イベントストーリーの感想です。

今回のストーリーは、まりなさんが5バンドそれぞれにインタビューをするというお話でした。

どうやら、CiRCLEがホームページをリニューアルするにあたり、よくライブをしてくれるバンドの紹介ページを作ろうという話になったそうです。

 

そこで、まずはポピパがインタビューを受けます。

「みんなの力を貸してほしくって」とお願いするまりなさん。

そんなまりなさんに言ったおたえの「私達とまりなさんの仲だし」という発言が少し意味深で笑いました(笑)

また、まりなさんからライブ中のハプニングについて聞かれるポピパ。

その質問に有咲が、

「『きらきら星』以上のハプニングは今のところない」

と答えて面白かったです(笑)

確かにあれはハプニングでしかありませんでしたね(笑)

でも香澄はハプニングとは思っていませんでしたが(笑)

 

また、沙綾はライブ中にドラムスティックを飛ばしちゃったことがあったそう(笑)

お、おう...

意外と、荒ぶったドラマーだったようですね(笑)

「すぽーーーんって飛んでいっちゃって」と、その時のことを楽しそうに話す沙綾が可愛かったです!

ただ、予備のスティックを用意していたため、その場は何事も無く終えられたそう。

その出来事に他のメンバーは誰も気付いてなかったようですが、ドラマーは1番後ろにいますからね(笑)

あと、今度のライブでは手で叩いてみようよ!と言うおたえに、

「それはもう、ドラムとは言わないよね」

と微妙な表情で返す沙綾が面白可愛かったです(笑)

 

次に、バンドやライブをやっていて楽しいことはなにかという質問を受ける5人。

その質問に有咲は、

「たくさん友達ができたこと」

と答えます。

沙綾の言う通り、めっちゃ素直でしたね(笑)

また、「みんなの音が重なり合って、私の音と遊んでる感じがする」

と話すおたえ。

おたえ!

すごい素敵な表現するやん!(笑)

あと、人の言葉に乗っかりまくる香澄が面白いです(笑)

そんな香澄に有咲は、香澄の言葉が聞きたい人たくさんいると思うぞと話します。

すると、「1番聞きたいと思ってるのは、有咲だよね」と言うおたえ(笑)

ツンデレ有咲ホント可愛い(笑)

 

最後に、ビデオカメラに向けて応援メッセージを送るシーン。

沙綾が言った、

「バンドの仲間とケンカしちゃうこともあるかもしれないけど、そういう時はしっかり話し合って」

というセリフが、個人的にはガルパのストーリーの真髄という感じがしましたね。

 

次に、Afterglowがインタビューを受ける場面。

まりなさんに挨拶するシーンで、みんなは「こんにちはー!」なのに、1人だけ「しゃ〜す」のモカに笑いました(笑)

また、バンドを始めた頃のことを聞かれると、蘭が音が出て感動していたことを思い出すモカ

照れて赤くなってる蘭が可愛かったです(笑)

 

続いて、ライブ中のハプニングを聞かれた5人。

すると、モカはひまりが客席を煽ろうとして、突然『えいえいおー!』をやったことを話します(笑)

確かにそれは大惨事ですね(笑)

全然ハプニングじゃないと反論するひまりも面白かったです(笑)

 

また、つぐは巴が突然ライブ前の掛け声を『ソイヤ!』にしようとしたことを話します。

「ハプニングというよりクーデター」と言い換えるモカが笑えました(笑)

いや、クーデターって(笑)

 

また、バンドをやっていて楽しいと思うことを質問され、何か思い付いた様子を見せる蘭。

そんな蘭をモカが茶化し、

「やっぱりやめた」

とあっさり言う蘭が面白かったです(笑)

それから、改めて話し始める蘭。

ここで、BGMに「いつも通りのBrand new days」が流れていたのが最高でした!

個人的にこの曲、ホント好きなんですよね〜

 

そして、ここで蘭が言った次のセリフ。

「みんなで曲に対しての意見を出し合ったりして、ちょっとずつ『Afterglowの曲』になっていく感じ・・・あたしとしては、それを実感できることが楽しいかな」

バンドストーリーの2章では、曲のイメージで揉めたりもしましたが、それらを話し合いで乗り越え、自分達の曲を作っていきました。

僕もこうした過程が大切だと思いますし、何より、そんなみんなの姿がとても素敵で好きです!

 

と、ここでなぜか泣いちゃってるひまり(笑)

涙脆いひまりめっちゃ可愛いです!

あと、泣いてるひまりを見て赤くなる蘭も可愛かった(笑)

あと、「それぞれの考え方がありますからね〜」というモカの発言。

以前、蘭に追いつこうとするのを止め、自分から見えてるもの大事にしようと思い改めたモカだからこそ、出てきた言葉なのかもしれないと思いました。

 

最後に、Afterglowもカメラに向けてビデオメッセージを送ります。

そこでつぐが言った

「バンドをやろうかどうか迷っていたら、今すぐ始めてほしいです!」

という言葉が説得力あって良かったです。

Afterglowの始まりは、つぐからでしたもんね(笑)

あと、蘭がセリフを言い終えると、モカがカメラ目線を指摘。

最後の最後まで、モカに茶化される蘭でした(笑)

 

今回の感想は以上です。

続きは次回に・・・