ロマン(2次元)主義者

個人的に好きなアニメやゲームについての感想や考察を書くブログ

【ガルパ】イベント「Poppin’ ハロウィンパレード♪」非日常の力を過信するな!

今回も前回に続いて、ガルパで開催されたイベント「Poppin’ ハロウィンパレード♪」の感想を書いていきます。

 

前回の記事は↓です。

【ガルパ】イベント「Poppin’ ハロウィンパレード♪」盆栽の仮装ってなんだよ(笑) - ロマン(2次元)主義者

 

香澄の提案で、ハロウィンパレードに訪れていたポピパの5人。

そんな中、香澄は明日香と六花を見つけたようで、2人のもとへ駆けつけます。正直、ガルパのイベストに六花が出ることは想像もしていなかったので驚きました。

一緒に歩こうと香澄は誘いますが、明日香は「私達制服だよ?そっちなら行くほうが恥ずかしい」と、その誘いを拒否します。まあ確かにみんな仮装してる中を制服で歩くのは恥ずかしいですね(笑)。そして、やはり赤ずきんの仮装を指摘される有咲(笑)。

続いて、みんなで写真を撮ることになった場面。有咲がおたえに「うさぎの耳が邪魔」と言うと、「それじゃあ、有咲は一番前ね」と返すおたえが面白かったです。自然な流れですよね(笑)。有咲、いらんこと言うから(笑)。

その後、明日香たちが先に帰ろうとしたシーンで、明日香が「キョンシー、よく似合ってる」と香澄に伝えたところは、なかなか尊かったです。

また、そんな香澄と明日香の姿を見て、「どっちがお姉ちゃんかわからねーな」と呟く有咲と、「私には、すっごくいいお姉ちゃんに見えた」と返す沙綾。

他の作品でもそうですが、個人的に尊い姉妹は姉が振り回し、妹が落ち着いているというパターン多いですね。そんな中でも、姉が妹のことをちゃんと見てたりするシーンがあるとなお良しです。香澄と明日香も、やはりこのパターンで僕は好きですが、でもやっぱり香澄の本妻は有咲なんですよ(笑)。

また、りみが撮ったという写真には外国の人との写真もあり、なんとりみから声をかけたようです。非日常の力でハイになってたんですかね?(笑)。

すると、みんな忘れていたステージ上で仮装アピールをするという話を思い出し、大声をあげる有咲。そこで、りみは「かくし芸大会の時、香澄ちゃん手品やったよね?」と香澄に尋ねます。そういえば、お正月のイベントのとき彩ちゃんとやってましたね。確か、最後の最後で失敗していたような...。違う意味でハラハラドキドキの手品でした(笑)。

しかし、みんな慌てる中で1人冷静な沙綾は、今日は非日常でいつもと同じ話をしても、いつもよりたくさん笑えた気がしたんだから、ステージ上でもいつもと同じことをすればいいと提案。どうしたんですか?沙綾さん。ちょっと何言ってるのかよく分かりません。いや、なんとなく分かりますが(笑)。

そして、ステージに上がったポピパの5人。ちゃっかりライブの告知をする香澄が面白かったです(笑)。

イベントの帰り。来年は、沙綾の弟妹やオッちゃん、ゆり先輩などにも声をかけようと考える香澄。そんな香澄に、「有咲のおばあちゃんを忘れてる」と付け加えるおたえが面白かったです。それは忘れてやれ(笑)。

またライブの告知をしたため、いろんな人にライブのことを聞かれた香澄。沙綾が「来月のライブ、仮装した人ばっかりかも」と言うと、香澄は「そしたら、私達も仮装してライブしようよ」と返します。それは、まるでハロハピのライブみたいですね(笑)。

また、入れ物に入り切らず、全部食べ切れるか不安になる量のお菓子をもらった香澄たち。すると、有咲は沙綾の弟妹に分けること提案。その案を皆んなから褒められて、「茶化すなって!」と照れる有咲が可愛いです。これも全部、非日常の力のおかげとまとめていたところも良かったです(笑)。

 

イベストの感想は以上です。

有咲やりみ、沙綾はハロウィンパレードという非日常の中で、普段とは違う姿を見ることができましたが、香澄とおたえは、どちらかと言えばいつも通りでしたね(笑)。さすが、マイワールドが強いお2人です。

 

次に、イベントPランキングの結果が↓です。

f:id:Humanwissenschaften:20191012023339p:image

Pランキングは24109位と30000位以内には入れたので良かったです。次は20000以内に入れるよう頑張ります。

 

続いて、今回主に使用したバンド編成が↓です。

f:id:Humanwissenschaften:20191012023616p:image

有咲は☆4のパワフルタイプを持っていたため、そちらを使用しました。沙綾はパワフルタイプではないですが、タイプボーナスよりキャラクターボーナスの方が上昇率が高くなったそうなので、ハッピータイプですが☆4の方を使っています。他3人は、☆4を持っていなかったので☆3のパワフルタイプで編成しました。

 

最後に、追加楽曲の感想です。今回新たに追加された曲は、ポピパによる「Hello! Wink!」と「What's the POPIPA⁉︎」の2曲でした。

 

その前にイベストでの会話を振り返ります。ポピパはもうすぐライブも予定しており、それに新曲の歌詞が間に合うのか、有咲は心配していました。そんな有咲にりみは、「香澄ちゃんの歌詞は香澄ちゃんが感じたキラキラドキドキが詰まってる。だから、こういうところに来ていっぱい楽しんだほうが、いい歌詞が出てくると思うよ」と伝えていました。また香澄も、パレードの帰り道で「なんかいろんな歌詞が浮かんできてる」と口にしています。おそらくそれが、今回の「Hello! Wink!」なのでしょう。

曲の感想としては、気分が盛り上げてくれるというか、はっちゃけさせてくれるような歌詞や曲調だと感じました。非日常の中へと自分を引き込んでくれるような印象です。そのため、少しハロハピっぽさも感じる曲でしたね。あと、曲調が「ゴーカ!ごーかい!ファントムシーフ!?」と似ていたと思いました。

また歌詞からは、非日常の力で全く新しい自分に生まれ変わろうという思いが伝わって来ました。でも、いくら非日常の力があっても、さすがにいきなりハグやキスは難易度が高いです(笑)。

プレイした感想ですが、クリアするだけならそれほど難しくはなかったです。ただ、フルコンは僕には無理そうですね(笑)。まず、「君は誰かな?」のフレーズのところのスライドで絶対切ります。あとは、終盤の「マスカレイド」の入りのところで、乱打からのスライドでもミスをすることが多いですね。

 

次に、「What's the POPIPA⁉︎」についてです。まず、歌詞にポピパメンバーの各キャラソンのタイトルが入っていたのが良かったですね。ポピパの紹介曲としても面白いと思いました。

またプレイした感想ですが、こちらもクリアはできますが、フルコンは厳しいと感じました。イントロのスライドで切れたり、サビ前の「君に届けよう」のところで左指が追いつかず、同時押しの連続もキツかったです。そして、ラストの「今すぐ愛に向かえ」のスライドからのフリックや、その直後の左のフリックが間に合わないなど、とにかく速くてついていくのが大変な譜面でした。

 

今回のイベントの感想は以上です。